SharePoint 2010 Access サービス

| トラックバック(0)

なんかいつまでも暗い記事が一番上にいて、どうもすんません。

かと言って特にニュースもないので、Access サービスの話でも。

昔、データアクセスページ とかいう形式があって、web 経由でデータいじれたりしたけど、一度も使ったことがなかったです。理由:動くと思えないから。
しかし!今度の、SharePoint 2010 から使える、Access サービスは期待できそうだ!!!

Access サービスとはなんぞや?
ぶっちゃけていうとこんなかんじ

SharePoint 2010 から使えるようになった新機能で、お高いエディション(Enterprise)だけで使えるよ。
Access で作った Access 形式のファイルを SharePoint へ「発行」するだけで、Access で作ったアプリケーションがあら簡単に web アプリケーションに変換できるんだ!!!


...凄くね?


・フォームは asp ページになるらしい
・レポートも同じらしい

・テーブルは SharePoint リストに変換されるらしい
・レコードは SharePoint リストアイテムとして登録されるらしい
(SharePoint リストは外部データベースへリンクできるので、SQL Server とかに保存することもできるはずだ)

フォームやレポートを、そのまんまブラウザ上で動くアプリに変換できるなんて、すごすぎるーーーー!!!!!


...まぁ実際やろうと思うといろいろ大変みたいだけど。
(というか実際成功してない。なので ↑ は噂をもとに書いている)

・web とクライアントアプリでは基本の動きが全然違うので、最初から web に乗せることを考えた設計しないと使い物にならない
・オブジェクトの名前をつけるのも必要以上に神経を使う
(記号類は使わないのが身のためのようだ)
・SharePoint に発行する前に事前チェックをやる機能があるが、ものすごい数のエラーが得てヘコむ
・どんな Access アプリでも簡単に一発変更! というわけにはいかないようだ

試しに、Access のテンプレートから作っただけの mdb ファイルを SharePoint に発行してみたんだけど、それだけで物凄い数のエラーが出たよ orz
Access 2010 から「web データベース形式」なるファイル形式があり、最初からソレを使って開発すると、クエリの形式やフォーム、レポートを作る段階でチェックしてくれるから便利らしいぞ。

なにが凄いって、web アプリを Access 感覚で(っていうか Access を使って)作れるのが一番すごいんだけど、もっとすごいのは


みんなで使ってもファイルが破損しない!!!!

だってデータ格納場所が SharePoint だから(・∀・)
これが一番いいとおもう!!!
共有しても壊れない Access システム!!!まるで夢のようじゃないですか皆さん。

ちょちょっと調べて集めた URL ドゾー ↓

Web で共有する Access データベースを作成する
http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA010356866.aspx
ひととおりのことが書いてあるが、実際やってみないとようわからん

Web 互換性の確認: よく発生するエラー
http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA010379057.aspx
発行前の事前チェックすると出るエラーの一覧。
事前チェックをするさらに前に読んでおくと、だいたい予想がついていいぞ。

Web 互換性の確認: クエリに関するエラー
http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA010386889.aspx
とにかくクエリーでよくエラーが出る!
そして、エラーになる理由がわからん!!!
なのでやっぱり web データベース形式で作って発行するのがいいかも。
実は、クエリーのエラーがあまりにも凄くて、まったく解決できずに時間切れになってやめちゃったんだよねwww


この機能、上のほうにも書いたけど実はSharePoint 2010 が Enterprise (高い)でないと使えないので、環境持ってる人もあんましいないかもしれないんだけど、もし会社に運よく SharePoint 2010 が入った!って人がいたら是非試してみてくださいまし。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.naboki.net/movabletype/mt-tb.cgi/122